2013年05月07日

1p2段目1小節目:メロディーが途切れない工夫

1p2d1s.gif

先日のレッスンで教えていただいた、別の点をメモします。

あくまでもわたくし個人のクセや課題に対する指摘としてメモしています。

メロディーがくっきりとは、うまく聞こえない問題について、運指の問題があったことを先日のブログに書きました。

さらに、別の問題について指摘を受けました。

それは、音の強弱の問題です。

わたしの弾き方は、ソ・ソ♭の音量を比較すれば、ソを強く、ソ♭を弱く弾いているとの指摘を受けました。そのために、メロディーが不自然に聞こえるようです。

改善するには、まずソを弱めに、そして次のソ♭を少し強目に弾くと繋がって聞こえるとのことでした。

下に図示します。

1p2db.gif

そして、後のソ♭にはフェルマータ記号がついていますので、リズムを伸ばします。
ただ、breve(控えめに)と書かれていますので、少しだけ伸ばしなさい、という指示です。

そして次の1弦・ミからは、新しいメロディーの始まりを意識して弾くと良いようです。

帰宅後、まず、単音で音の強弱を意識して練習しました。いまは演奏で音の強弱を意識するように練習しています。

さて、この部分でもう一つ課題があります。三連符の部分です。しかも、三連符の最初は、親指でラ、二つ目と3つ目の途中に、また親指のミが入っています。ここのリズムが大変怪しいのです。低音のリズムを一定に、しかも最初は休符の三連符を弾くというのが、まだ感覚としてよく判りません。

そこで、練習課題として、D.プラトのアルペジオ練習曲を、さまざまなテンポで弾き分ける課題をいただきました。
メトロノームを使って使って正確に弾く練習です。

それでは、また練習に励みます。
posted by MasaNyan at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/359422994

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。