2013年04月30日

5回目のレッスン タンゴアンスカイの旋律について

1p2d1s.gif

前々から、タンゴアンスカイのメロディー出だしの部分に違和感がありました。

楽譜には Melodie claire つまり、「旋律はクリアーに」と指示があります。

ところが、わたしの弾き方では旋律不明瞭です。メロディーが繋がっていない感じがするということに違和感がありました。

単音で「ファーーー ミーーー ファ・ミ ソ・ソ♭・ファ・・・」 と弾くと、もちろんメロディが綺麗に聞こえます。

しかし、和音、親指を入れると、綺麗に聞こえないのはなぜ?? と思っていたのですが・・・

この疑問が本日のレッスンで解明されました。

最も大きな問題は「セーハ」の仕方にありました。

最初の「ファーーー ミーーー」そして次の「ファ・ミ」、両方とも「ファ」に相当する和音の部分は、1フラットをセーハしなければなりません。

問題は、どの弦までをセーハするかでした。

わたしは、一度に4弦までセーハしていたのです。しかしこれでは次の和音「ミおよびド」を出すためには、2弦1フレットを人差し指で押さえなければなりません。人差し指の移動が必要になります。

正しいセーハは、1弦と2弦「のみ」をセーハすることです。

そうすれば、人差し指の先で抑えている部分は、2弦「ド」の部分になります。そして、セーハで1弦を押さえています。そして次に人差し指を少し浮かせるだけで、1弦・開放弦の「ミ」を即だせます。
もともと2弦で「ド」を出しているので、この部分に変化はありません。

つまり、人差し指の切り替えが瞬時に完了するため、音の途切れを最小限に抑えることができます。

確かに何倍も早く切り替えることができます。
教訓は、「セーハは必要最小限の弦に対して」でした。

しかし、しかし、しかし、一度染み付いた運指を変えるのはとても大変です。しばらく人差し指の再教育が必要です。

その他にも、この小節部分で教えていただいたことがありますので、改めて書くことにします。







posted by MasaNyan at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

3回目のレッスン:3連符が課題

先月の話になりますが、ギター教室アルテで3回目のレッスンを受けました。月に1回だけ、しかもタンゴ・アン・スカイだけのレッスンというわがままに、親身になってつきあってくださっています。

タンゴ・アン・スカイの幾つもある3連符を、これまで如何にめちゃくちゃ弾いていたかがよく解りました。

さらに旋律部分が3連符、低音のリズムは4分音符というのはなかなか難しいです。

基本練習としては、音階練習を全音符、2分音符、3連符、とメトロノームをつかって正確にリズムをとるよう指導されました。
簡単そうに思えてなかなか難しいです。

ただ、ちょっとはリズム感は向上したように思います。

来週、4回目のレッスンにいってきます。




posted by MasaNyan at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

タンゴアンスカイの2回目のレッスン

ギター教室アルテの小倉先生に師事することとなり、このブログのタイトルも変更しました。「独学で挑む」の「独学」がなくなりました。

本日2回目のレッスンを受けました。

今日は、タンゴアンスカイのリズムの取り方の基本を学びました。

自分でもリズムは怪しいと思っていましたし、妻からもリズムがおかしい旨、指摘されていました。
(妻はすごく耳がいい。父親は某オーケストラの指揮をしていて、子供の頃から音楽が身近だった。わたしはそのような情操教育はゼロでした。)

先生のリズムに合わせてゆっくりと、リズムを口で、そしてギターでとるのですが、これが全くダメダメでして自分でも何をしているのかわかりませんでしたが、何十回も繰り返して、やっと意味がわかりました。

これは、ほんとにゆっくりとリズム感を養わないといけないです。







posted by MasaNyan at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

ギター教室に入門しました

独学では限界を感じて,ギターの先生に指導を仰ぐことにしました。

かといって,毎週通うのは難しいですので

・月1回のレッスン
・タンゴ アン スカイを集中的にレッスン
・1年間でなんとか弾けるようになりたい(これはわたくしの努力如何ですが)

という希望を述べて,川崎市の「ギター教室アルテ」の小倉先生にご指導を快諾いただきました。お月謝もリーズナブルでした。

ギター教室アルテ
http://www.geocities.jp/artejpn/annai.html

この教室では,希望の曲を教えてくださるコースがあるので,いきなりタンゴ・アン・スカイの教示をリクエストです。

今日1回目のレッスンでした。正式にギターを習うのははじめてですが,とても楽しかったです。

そもそもの音階の弾き方,ストレスの少ない運指,特に左手の動きについて教わりました。
もちろん,タンゴ アン スカイの楽譜上の疑問点についても教わりました。

取り組むとよい練習曲としてAguadoのアルペジオの練習曲を課題としていただきました。

遠い昔,弾き覚えのある曲でしたが,「次に必要になるまで,押さえた指は離さない」ということは初めて知りました。
アクロバティックな苦しい部分もありますが,1ヶ月内にこなすのが目標です。


posted by MasaNyan at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

最近、気づきを与えてくれたタンゴアンスカイの演奏

1p2d1s.gif

最近、啓発された村治佳織の演奏です。デュエットのためかリズムがとても正確で、かつ普段の村治のタンゴアンスカイよりもゆっくりです。
テンポを計ったら正確に60でした。


さて、先日いただいたこちらのコメントで、

>この高速スケールは、やっばりタンゴ。アクセントは前です。「だたたた・だたたた・だたたた・だたたた」が基本で、

と教えていただきました。

それを意識して練習していたのですが、上の映像の村治の演奏はまさに、アクセントの意識が4拍毎の最初にあることがわかります。

それに、この難所を軽く、しかもすごく綺麗に弾いています。

で、わたしはというと、毎日練習してはいますが、ホントに遅々としています。
ただ、アマチュアの特権として期限はなく、レベルの要求もないので気長に進歩することを信じて練習します。



posted by MasaNyan at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。