2011年11月21日

iPhoneメトロノームアプリ

タンゴアンスカイは、テンポをできるだけ一定にするようようディアンスは要求しています。

ですので、特に初心者にとってメトロノームは必須と思います。

昔々、10代の頃に振り子式のメトロノームを奮発して買ったのですが、いまどこにあるか解りません。

そこで、無料のメトロノームアプリを使っています。

ピアノで有名なSteinwayのアプリです。
IMG_2346.PNG

光がタイミングが近づくと徐々に明るくなるので、慣れれば、横目で見ながらタイミングがつかみやすくなります。
短所は、速度合わせがダイヤル式のインタフェースですので、正確な指定がちょっと微妙な点です。

ピアノメーカらしく下記のように木目を選ぶことができます。
IMG_2347.PNG

他にもテンポの取り方等、いろいろ設定できます。




続きを読む
タグ:guitar ギター
posted by MasaNyan at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

【1p3段1小節目】ちょっとだけ速度上昇

その後、タンゴ・アン・スカイの最初の音階は、48位に速度があがりました。
数日前から比べると、速度アップですが、まだまだです。

しかし、根本的な問題として、運指がまだ決まっていません。Youtubeを見て研究しているのですが、この1p3段1小節目の部分は、奏者によって弾き方にバリエーションがあります

A)まじめに右手ですべての音をだす。
B)5弦は、スラーを使う
C)4弦にもスラーを使う
D)3弦ラ、シにスラーを使う
E)4弦ソの代わりに、3弦開放を使う
F)シ♭に6弦を使い、ミに5弦を使う
etc

わたしも色々と楽な方法がないかと試したのですが、今はB)の方法で練習しています。

こちらのタブ譜でも、B)を採用しています。
http://www.songsterr.com/a/wsa/roland-dyens-tango-en-skai-guitar-tab-s5704t0


タブ譜
1p2dtab.png

楽譜(スラーの指定は無い)
1p2d.png










ただ、上記のタブ譜では3弦ラ、シにスラーを使っていますが、わたしは使っていません。
ですが、速度が上がらにようなら、スラーを使おうと思います。

まだまだ、自分にとって合理的な運指の研究中です。

F)で引いているのは、こちらの人です。


続きを読む
posted by MasaNyan at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

【1p3段1小節目】速度が速くならない。

毎日30分ほどは、この最初のスケールの部分を集中的に練習しています。しかし、なかなか課題が多いです。

1)速度があがらない
2)速く弾こうとすると、リズムが崩れる
3)速く弾こうとすると、音の大きさが揃わない
4)左指が、他の弦に触れたりして雑音がでる

メトロノームで38(4分音符換算)が限界です。楽譜の指示は66。最低でも57位の速度以上でないと、演奏として成立しないと思っています。

youtubeで見比べると、奏者によって弾き方にバリエーションがあることがわかりました。

この比較した記事をいずれアップしたいです。

続きを読む
posted by MasaNyan at 13:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。