2013年04月13日

久しぶりの動画公開-Tango en skai

先日、アルコールを少し飲み、急にビデオに取ろうという気になりました。午後10時でしたので、ご近所のこともあり、少し音量控えめです。

最初の高速音階の部分は、練習し始めた当初のころを考えると、かなり引けるようになったと思います。
ただ、音の粒がまだそろっていません。

あと更に1,2年続けるときっとまともなレベルになると思います。


posted by MasaNyan at 22:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 練習映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

4回目のレッスン:1p4段目の弾き方

4d.gif

4回目のレッスンにゆきました。
さまざま助言をいただきましたが、↑の部分についてアドバイスも受けました。

以前は、ここのところは閉じた指を順次開きながらラスゲアード風に弾いていたのですが、Youtubeのプロの演奏ではトレモロのようにamiで弾いて、pでジャンと鳴らしています。その方が音が綺麗に聞こえます。

そこで、数カ月前から、運指を修正しているのですが、これが非常に難しいです。そもそもトレモロが下手というか、できないのです。

先生に質問したところ有益なアドバイスを受けました。

それは、1弦を、弦の下から引き上げるようにして鳴らすということでした。
確かに、うまく各指が弦をヒットする確率が高くなりました。

わたしの感覚では、1弦の裏を弾く感覚で狙うと、うまくいくようです。。
ですので、かなり右手全体を降ろして、かつ弦に近づく必要があります。

ただ、なかなか安定して音が出せないのですが。

爪が弦に引っかかる感じがしたり、気持ちがあせって、うまく「タ・タ・タ・ジャン」とリズムを刻むのが困難です。

そこで、今は、指がひっかからぬよう、抵抗の少ない方向に流すにはどうすればよいかを意識しながら練習をしています。


posted by MasaNyan at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

3回目のレッスン:3連符が課題

先月の話になりますが、ギター教室アルテで3回目のレッスンを受けました。月に1回だけ、しかもタンゴ・アン・スカイだけのレッスンというわがままに、親身になってつきあってくださっています。

タンゴ・アン・スカイの幾つもある3連符を、これまで如何にめちゃくちゃ弾いていたかがよく解りました。

さらに旋律部分が3連符、低音のリズムは4分音符というのはなかなか難しいです。

基本練習としては、音階練習を全音符、2分音符、3連符、とメトロノームをつかって正確にリズムをとるよう指導されました。
簡単そうに思えてなかなか難しいです。

ただ、ちょっとはリズム感は向上したように思います。

来週、4回目のレッスンにいってきます。




posted by MasaNyan at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。