2013年04月30日

5回目のレッスン タンゴアンスカイの旋律について

1p2d1s.gif

前々から、タンゴアンスカイのメロディー出だしの部分に違和感がありました。

楽譜には Melodie claire つまり、「旋律はクリアーに」と指示があります。

ところが、わたしの弾き方では旋律不明瞭です。メロディーが繋がっていない感じがするということに違和感がありました。

単音で「ファーーー ミーーー ファ・ミ ソ・ソ♭・ファ・・・」 と弾くと、もちろんメロディが綺麗に聞こえます。

しかし、和音、親指を入れると、綺麗に聞こえないのはなぜ?? と思っていたのですが・・・

この疑問が本日のレッスンで解明されました。

最も大きな問題は「セーハ」の仕方にありました。

最初の「ファーーー ミーーー」そして次の「ファ・ミ」、両方とも「ファ」に相当する和音の部分は、1フラットをセーハしなければなりません。

問題は、どの弦までをセーハするかでした。

わたしは、一度に4弦までセーハしていたのです。しかしこれでは次の和音「ミおよびド」を出すためには、2弦1フレットを人差し指で押さえなければなりません。人差し指の移動が必要になります。

正しいセーハは、1弦と2弦「のみ」をセーハすることです。

そうすれば、人差し指の先で抑えている部分は、2弦「ド」の部分になります。そして、セーハで1弦を押さえています。そして次に人差し指を少し浮かせるだけで、1弦・開放弦の「ミ」を即だせます。
もともと2弦で「ド」を出しているので、この部分に変化はありません。

つまり、人差し指の切り替えが瞬時に完了するため、音の途切れを最小限に抑えることができます。

確かに何倍も早く切り替えることができます。
教訓は、「セーハは必要最小限の弦に対して」でした。

しかし、しかし、しかし、一度染み付いた運指を変えるのはとても大変です。しばらく人差し指の再教育が必要です。

その他にも、この小節部分で教えていただいたことがありますので、改めて書くことにします。







posted by MasaNyan at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

久しぶりの動画公開-Tango en skai

先日、アルコールを少し飲み、急にビデオに取ろうという気になりました。午後10時でしたので、ご近所のこともあり、少し音量控えめです。

最初の高速音階の部分は、練習し始めた当初のころを考えると、かなり引けるようになったと思います。
ただ、音の粒がまだそろっていません。

あと更に1,2年続けるときっとまともなレベルになると思います。


posted by MasaNyan at 22:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 練習映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

4回目のレッスン:1p4段目の弾き方

4d.gif

4回目のレッスンにゆきました。
さまざま助言をいただきましたが、↑の部分についてアドバイスも受けました。

以前は、ここのところは閉じた指を順次開きながらラスゲアード風に弾いていたのですが、Youtubeのプロの演奏ではトレモロのようにamiで弾いて、pでジャンと鳴らしています。その方が音が綺麗に聞こえます。

そこで、数カ月前から、運指を修正しているのですが、これが非常に難しいです。そもそもトレモロが下手というか、できないのです。

先生に質問したところ有益なアドバイスを受けました。

それは、1弦を、弦の下から引き上げるようにして鳴らすということでした。
確かに、うまく各指が弦をヒットする確率が高くなりました。

わたしの感覚では、1弦の裏を弾く感覚で狙うと、うまくいくようです。。
ですので、かなり右手全体を降ろして、かつ弦に近づく必要があります。

ただ、なかなか安定して音が出せないのですが。

爪が弦に引っかかる感じがしたり、気持ちがあせって、うまく「タ・タ・タ・ジャン」とリズムを刻むのが困難です。

そこで、今は、指がひっかからぬよう、抵抗の少ない方向に流すにはどうすればよいかを意識しながら練習をしています。


posted by MasaNyan at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする